現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » もれなく型【用語集】

もれなく型【用語集】

もれなく型とは?

もれなく型のイメージ

キャッシュバック式の現金化で利用される方法に「もれなく型」という方法があります。
この「もれなく型」をご説明する前に、景表法について簡単にご説明いたしましょう。

景表法とは景品表示方の略で、簡単に言えば景品の表示に不正が無いように規制する法です。
産地を偽ったりなどを規制しているのですが、他にも誇大広告等にも適応されたりもしています。

その中にはキャンペーンなどで露骨にお客を誘導する事も規制しており、売る品物にオマケで付加するものがメインの売り物より高価であることに制限を設け、その額を総取引額の10%までとなっております。
つまり1000円の品物にはオマケで付けられるのは100円相当まで、と決められています。

既にこのサイトの記事を読まれている方でしたら、この時点で「あれ?」と思われるかもしれません。
キャッシュバック式の現金化は、業者より購入した品物の付属として現金が支払われると言った仕組みなので、上記の景表法に当てはめるなら、もし10万円分を現金化しようと考えた場合には、100万相当の品を買わなければ景表法に違反する事になってしまいます

しかし実際にはそう言った事はありません。例えば購入する物が10万円相当なのにキャッシュバックで8万円振り込まれる、と言った流れが自然と行われています。
これはどういうことなのか?と言う所で登場するのが「もれなく型」と呼ばれるものです。

景表法における「もれなく型」の扱い

通常のおまけともれなく型の違い

通常キャンペーンなどで使用されるオマケは、購入者からランダムで選択された方々に送られる様になっています。
しかしキャンペーンには上記のランダム型に対し「もれなく型」と言う方式もあります。

「もれなく型」とは、品物を購入した方々全てに「もれなく」オマケが付いてくるというものです。
この「もれなく型」の場合、オマケの額が上記の景表法の総取引額の10%までと言うルールが適応外となり、上限がなくなります
つまり1000円の品に1000円やそれ以上のオマケを付けるのが可能となり、つまり購入金額以上のオマケを付けても合法となるのです。

大分ご説明が長くなってしまいましたが、カード現金化におけるキャッシュバック式はこの「もれなく型」が大体採用されております。
なので、どんな品物にも自由な金額がキャッシュバックとして付けられる、と言うのがキャッシュバック式の仕組みになります。

安全性とスピードを重視するなら「もれなく型」を!

自分の手で現金化する事は可能なの?

もれなく型の場合、基本がキャッシュバック方式となりますので、申込から入金までが即日である事がほとんどで、買取方式よりも圧倒的にスピーディーです。

また、買取方式のように、常に商品の買取価格が変動する訳ではありませんので、入金額も安定していて、安全です。

現金化を行なう上で、手早く安全に現金化を利用したいとお考えの方は、このもれなく型のキャシュバック式を採っている業者を選択すると良いのではないでしょうか。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る