現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » カード加盟店 【用語集】

カード加盟店 【用語集】

カード加盟店とは?

カード決済には加盟店との契約が必要

クレジットカードで決算するためにはクレジット処理端末が無ければなりませんが、端末があるだけでは決算はできません。

クレジットカードで買い物をするためには、その買い物をするお店がカード会社と契約している必要があります

カード会社と契約することで、お店側はお客様が品物を買った際の代金をカード会社から支払ってもらえる事になります。

この様にカード会社と契約し、カードで決算が出来る店が「カード加盟店」となります

国内には様々なブランドがありますので、お店は複数のカード会社と契約する必要があります。
カードによって使えるお店・使えないお店があるのはこのためです。

クレジット決算の仕組み

クレジット決済の仕組み

カード会社はお客様の代わりに品物を代理で払い、お客様は返済日にカード会社に代理で払ってもらった額を返済する仕組みですが、この際分割やリボ払いなどで返済する事も可能です。この際一括で返済すると、お客様には手数料が一切掛りません

本来ならお金を借りた時点から利息が発生するのですが、カードの場合返済日以降からしか利息が発生しません
もし仮に、お客様が皆返済日に一括で返済してしまったら、カード会社の利益はなくなってしまう様に思われますが、実はその間の利息はお店側が支払っているのです。

お店側はカード加盟店となることでお客様の手数料を支払うことになり、一見するとお店側にとってカード加盟店となる利点が無いように思われますが、カードが使えることでお客様はより多くの・より高額な品を買い物してくれる様になりますので、お店側にとっては手数料を多少払うことになってもカード加盟店となる利点はとても大きいのです。

カードの収益の仕組みはこの様になっています。

お客様としては特に気にする事ではありませんが、できる事ならこの仕組みを最大限利用し支払いは一括で済ますことで、手数料をかけることなく、またカード決算することでポイントが貯まっていきますので、カードを上手く利用して行きたいものです。

提携してるカード会社を良く見る様にする!

この様な仕組みであるため、カード現金化業者もカード加盟店になっている必要があります
カード加盟店には誰でもなれる訳ではありません。
申請するためには厳格な審査がありますので、現在ある現金化業者は皆信頼度の高いサービスと言えます。
しかしそれでも悪徳業者はいるものです。中には個人等で立てた代理の法人を通して申請している業者もいます。

そのような業者はアメックスやダイナース等は利用できない事もありますので、悪徳業者を選ばないためには、まず全てのカード会社と提携してる業者を選べばトラブルに陥る可能性を減らすことが出来るでしょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る