現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » キャッシュバック方式【用語集】

キャッシュバック方式【用語集】

キャッシュバック方式

現金化のキャッシュバック方式のイメージ

現在、カード現金化を行なう際には2つの方式が取られています。

その一つが「商品買い取り方式」で希望金額に相当する品を業者から購入して、その品を買い取っても貰う形になります。

もう一つが「キャシュバック方式」です。この方式をひと言で説明すると、「カードのショッピング枠を使用して、業者から品物を購入し、希望金額がキャッシュバックとして支払われる」と言うものです。

品物のオマケとして現金が付いてくる?

キャッシュバック方式のイメージ

購入した商品を売る事で現金化する「買い取り方式」と比べると、「キャッシュバック方式」は少し分かりづらい仕組みかもしれません。

別記事でも説明をしましたが、おさらいとして再度説明させて頂きます。

家電製品を購入した際に「5千円キャッシュバック」等のキャンペーンがあったりしますが、基本はそれと同じで、業者の指定する品を購入した際に利用者の希望の額がキャッシュバックされるというものです。

買い取り方式との違いは、購入する商品が値段に見合わないようなガラクタ品が主で、質屋等に持ち込んでも、二束三文にもならないでしょう。

購入した品物は価値の低いキャッシュバックする名目のための物であり、メインはキャッシュバックする現金と言うのが買い取り方式との大きな違いです。

キャッシュバック方式のメリット

キャッシュバック方式のメリット

現金化のキャッシュバック方式には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

手間がかからない

キャッシュバック方式の場合、申込もネットまたは電話で済みます

また、手続きも全てオンラインで完結しますので、わざわざ指定する商品を買いに行く手間も無く、購入後に現金化業者まで商品を持っていく必要もございません。

買取方式の業者というのは、大抵がある程度以上の大きさの繁華街では無いと存在しない為、都心に住んでいない方の場合、交通費も移動の為の手間も余計にかかってしまいますが、キャッシュバック方式ですと、自宅から一歩も動かずに完了出来るのです。

この点においては、買取方式と比べ、雲泥の差となります。

入金までのスピードが早い

先程も述べましたが、手続きがオンラインのみでの決済の為、完了までの時間が非常に短いです。

また、クレジットカード会社が決済を済ませた事を確認すればすぐにお支払いが出来る為、即日の入金が十分可能なのです。

万が一今日明日中に手元に現金が必要になった時などは、キャッシュバック方式が大変便利です。

換金率が高い

例えば買取方式の場合だと現物を取り扱うのですが、どれだけ換金率が高そうなブランドのバックを新品で購入し、すぐ質屋に持っていっても値下げ幅が大きいですよね?

キャッシュバック方式の場合、商品自体の原価が非常に安い物を使っての取引をするので、この値下げ幅をずっと少なくする事が可能なのです。

また、繁華街などの目立つ所に事務所を構える必要も無く、看板広告なども要らない事から、買取方式よりも運営費用が格段に抑えられ、その分換金率を高くする事が可能なのです。

キャッシュバック方式のデメリット

キャッシュバック方式のデメリット

ここまでを見ると買い取り方式の問題点を、より手間無く・より換金率を上げるという解決法で登場したキャッシュバック方式はメリットが非常に大きく、買取方式が必要無いのでは?と思う方が多いと思います。

しかし、この方式にも当然デメリットもございます。では、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

普段見慣れない方法なので、不安が出てしまう。

買取方式の場合ですと、質屋など普段から見慣れている部分もあり、現金化をするのにさほど抵抗は無いと思いますが、キャッシュバック方式は、普段の生活ではまず見る事の無い方式です。

私も、実際に利用をするまで、実際に説明を聞いても全てを理解出来なく、心配になった思い出がありますが、自分の目に見えない・経験に無い物ほど恐いものはありません。人間がヘビを恐がるのとちょうど同じ間隔です。

実際に経験をしてしまえば、大した事は無いのですが、わからなければ納得の行くまで業者から説明を何度も聞いてみたら良いかもしれません。

オンラインで解決するので、買取方式よりトラブルの可能性が高い

現金化の場合、悪徳業者は非常に少ないのですが、存在する割合として多いのがキャッシュバック方式を採用している所となります。

恐らく理由としては、直接顔を合わせる訳では無いので、トラブルに会っても追われにくいという事なのでしょう。

対応も電話とネットのみでの対応ですので、詐欺では無いにしても想像していた物と実際のサービスが違ったという食い違いなどもあると思います。

やはり直接会って話した方が、オンラインだけでは分からなかった見落としのポイントがあったり・安心感が出るというのは当然なので、この点は確実にデメリットと言えるでしょう。

商品が手元に残らない

買い取り方式の場合、万が一悪徳業者にかかっても商品が手元に残りますので、それを売ることである程度の回収が可能となりますが、キャッシュバック方式の場合は、購入する商品に価値の無い場合がほとんどですので、回収をするのが難しい場合が多いです。

キャッシュバック方式は便利だが、業者選びは慎重にしましょう。

即日払いと言うメリットは大きいですが、業者選びを間違えると大変な事になりかねません。
ただ、見えない不安は実際に経験してみれば、大した事ではない事が分かると思いますし、そもそも悪徳業者事態が現状では非常に珍しいケースとなります。

即効性があり便利なキャッシュバック方式の現金化ではありますが、それだけに、業者選びは重要ですので、当サイトなどのような検証サイトを良くご覧になるなどして、現金化に関する知識を十分得てから利用すると良いでしょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る