現金化コンシェルジュ » 質問集 » クレカのセキュリティって大丈夫ですか?【質問集】

クレカのセキュリティって大丈夫ですか?【質問集】

Q:クレカのセキュリティって大丈夫ですか?

個人情報の流出を心配する男性

現金化はオンラインで手続きが全て完結してしまうので、非常に便利な反面セキュリティー面が心配な部分がございます。

万が一、悪徳業者が情報を悪用してしまえば、勝手にカードを使われてしまうなどという心配もあるからです。

クレジットカードはセキュリティー面は大丈夫なのでしょうか?

クレジットカードには、いくつものセキュリティーがある。

普段使っているだけではなかなか気付きにくいのですが、クレジットカードにはネット上での悪用を防ぐ為、本人認証サービスや3Dセキュアといったシステムが一般的に利用されています

これらのセキュリティは、カードを使用する際に設定したパスワードを記入しない限り、カードを利用出来ない様にすることが出来ます。これによって「なりすまし」で不正利用するのを防ぐことができます

そもそも近年の現金化業者は、カード情報を聞かない所がほとんど!?

個人情報は、カード会社にしか伝わりません

以前は、悪徳な現金化業者がカードの利用情報を利用者から聞き出して悪用する事で、カードを勝手に使われるなどの被害が出るというケースが実際にありました。

しかし、そのような利用者の心配を察してか、近年のキャッシュバック式現金化の場合、業者がカード情報を全く確認しなくても、手続きが完了出来る方式になってきました

最近の現金化までの主な流れとしては、業者の用紙したオンラインショッピングのサイトで、カードを使って買い物をして、現金化をするという流れなのですが、購入する際に入力した情報は、セキュリティーの関係でカード会社にのみ直接伝わる仕組みになっているのです。

ですので、このような方法をせずに、現在でもカード番号などの情報を聞かれるような業者の場合、利用しないのが賢明でしょう。

ショッピングカートのセキュリティーチェック方法

カード情報入力ページでのチェック方法

現金化業者に関わらず、様々なサイトにてカードを利用して買い物をする場合、ショッピングサイトのセキュリティーをしっかり確認する必要があります

ネット用語で、SSL(Secure Sockets Layer)と言いますが、これは入力した情報を第三者に読み取られないような暗号化をして、カード会社に入力情報を安全に渡すという仕組みの事です。

実際に個人情報やカードの情報を入力するページを見ると、大抵のページの場合、

⇒ http://~

という表記で始まりますが、この暗号化を使っているサイトの場合

⇒ https://~

という表記になっています。これがセキュリティーが入っているかのサインとなります。

暗号化されていないサイトを利用してしまった場合、世界中に個人情報が漏れてしまう可能性があり、PCに精通している人間なら簡単に情報を取得してしまうでしょう。

業者を利用する時だけで無く、ネットショッピングをする全ての場面において、非常に重要なチェック要素となりますので、ご利用の際は必ず確認をして下さい。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る