現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » クレジットカードのオーソリゼーション【用語集】

クレジットカードのオーソリゼーション【用語集】

クレジットカードのオーソリゼーションとは?

オーソリゼーションのイメージ

カード加盟店でクレジットカードで品物を購入する際、お店側はそのカードが利用可能なものなのか、その都度カード会社に照合しています
その承認の可否をすることをオーソリゼーションと言います

オーソリゼーションを日本語訳すると「信用承認」「販売承認」という意味になり、略称として「オーソリ」などと呼ばれる事もあります。

この様に聞くと「カードを作る際にすでに審査を受けているのに、何故毎回照合する必要があるのか?」と疑問に思う方も要らしゃるかと思います。
その理由は、信用情報はカード作成時の物でしかなく、その後に不正利用があった場合には対応できないからです。

逆の立場で考えて頂ければ分かると思いますが、カード会社からすれば利用者のプライベートや人柄を知っている訳では無いので、毎回購入する度にチェックしたいというのは当然ですよね?

そのため、カードを利用する際には毎回欠かせずオーソリゼーションを行なう必要がある、と言うことになります。
オーソリゼーションはカードを利用する際に重要な手続きの一つなのです。

オーソリーゼーションはどのようにして行う?

カードのオーソリゼーションは、店舗などの端末などを利用する事で、自動的に行われます
丁度買い物をする際に端末でカードを読み込む事があると思うのですが、その際に認証が行われているのです。

ネットが普及する前にはオーソリゼーションを行なうには手作業でする必要がありました。

現在ではネットの普及で、照合も専用端末機を使いオンラインで簡単に出来るようになり、ネットショッピングでも決済する際に記入する番号などで、毎時簡単に照合出来る様になりました。

今でもオンラインでオーソリゼーションを行えない時などには電話等で直接確認を行なうことなどもありますが、スマホなどでも認証出来るシステムが普及しているので、電話での確認をするような所は少なくなりました。

どのような情報を認証するの?

実際にどのような情報を認証するの?

カード会社は利用時に毎回オーソリゼーショを行うのですが、どのような点をチェック・認証するのでしょうか?

不正利用の防止

利用者の中には、盗難品や偽造されたカードで買い物をし、購入品を騙し取ろうという悪人も存在します。
このような不正利用を防ぐ為にも、毎回のチェックが必要なのです。

支払いにトラブルが無いかのチェック

カード会社の立場からすれば、過去に返済トラブルの無いきちんとした方の利用しかさせたくありません
過去に購入した商品の支払いが行われていない等の、支払いトラブルがある方の場合、返済の遅れるルーズな人という判断をされ、次回以降の利用が出来なくなる場合があります。

利用限度額の確認

不正利用や過去のトラブルが無い方でも、利用限度額を超えての利用は当然出来ませんので、こちらも利用の都度チェックされるポイントとなります。

このように、カードを利用する際には細かい部分に渡ってのチェックを必ず行います。

買い物をする度にオーソリゼーションを行われていると聞くと、何やら買い物をする度疑われている様で気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。
しかしクレジットカードで重要なのは、何よりも信用が第一なのです。

現金の様な現物でのやり取りとは違い、データ上でのやり取りになりますので、常に慎重にならざるを得ないのが実情なのです。

ご自身が疑われていると考えるより、不正利用者を炙り出すために協力していると考えと良いかもしれません。
安心してカードが使える様になるためにも必要な手続きと憶えておきましょう。

現金化にもオーソリゼーションは重要

現金化を利用する際にもオーソリゼーションは毎回行われています
業者はカード会社に信用確認を行い、それを通過することで初めて現金化することが出来るのです。
そのため、オーソリゼーションを通過できないと、現金化を利用することが出来ません

既にご説明しましたが、オーソリゼーションに問題が出るケースとしては、支払いの遅れや借りすぎなどが挙げられます。
カード現金化はクレジットカードが利用可能な状態であることが大前提なので、利用を考えている方は、オーソリゼーションに問題が無いか注意が必要になります。

どんな場面でもカードを利用する際にはオーソリゼーションは行われなければならない手続きであり、例外はありませんので、その事を忘れずにおきましょう。

オーソリゼーションで認証されなかったら?

上記のように、カードの認証は様々な要素によって成り立っており、認証されなかったと言っても原因は様々です。

盗難したカードや、偽造品で不正利用をしていたというなら話になりませんが、例えば利用額がオーバーになってしまう場合などは、購入金額を下げてみたり、利用限度額を上げたりする事によって解決する場合があります。

また、現金化目的の利用などで、普段カードを使用しない人が、あからさまに高額の転売出来そうな多数の商品を購入したり、怪しそうな商品購入の場合だと、認証が出来ない場合もございます。
この場合は、本人確認が必要な場合がほとんどで、大抵はカード会社に問い合わせをすれば解決します。

認証されなかったとしても落ち込まずに、原因を冷静に分析しましょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る