現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » クレジットカードのセキュリティコード 【用語集】

クレジットカードのセキュリティコード 【用語集】

クレジットカードのセキュリティコードとは?

カード裏面の謎の数字とは?

ネット上での買い物は、カード決算が大変便利ではあります。
しかし、実際に買い物をする場合と違いネット上で決算する時は、カード本体を使わずカード番号などを入力します。

カード自体が無くとも、番号を知っていれば誰でもそのカードを不正利用出来てしまいます
所謂「なりすまし」と言うものですが、クレジットカードを普及させていくためにはこれらの問題を防ぐことが重要になってきます

そこで使われているのが「セキュリティコード」です。

「スキミング防止の為」がきっかけ

セキュリティーコードはスキミング防止がきっかけ

カードの裏面にある3~4桁の番号がセキュリティコードになります。

以前はセキュリティコードの設定がされていなかったため、スキミングによってカード番号等が抜き取られるといった事件が頻発しておりました。

スキミングされると、そのままその情報のみでカードが不正利用されてしまいますが、そこで登場したのがセキュリティコードです。

スキミングは専用の装置でカードの磁気情報を読み取りますが、磁気情報にこのセキュリティコードは記録されていません

ですので、例えカード番号を抜き取られてもセキュリティコードが分からなければ、そのカードで決算する事が出来ず不正利用を防止することができます

とは言え、カード自体を盗難されてはこれらのセキュリティも意味をなしません。カードの管理は徹底する必要があります。

セキュリティコードも完全ではない

セキュリティーコードにも落とし穴があるので注意しよう

セキュリティコードのお陰で簡単にはなりすましは出来なくなりましたが、それでも完全とは言えません

フィッシングサイトで求められるままセキュリティコードを記入してしまい、カード情報をまるまる盗まれたケースも存在します

また、自分自身が管理を徹底していても、購入した店舗側から漏洩するようなケースもございます

お店側が品物を購入の際に記録したセキュリティコードは、本来は購入直後破棄をして保存をしないというのが厳正なルールなのですが、不正に保存した結果他に漏洩するという流れがこの場合にあたります。

これらを防ぐ為には更なるセキュリティが必要になっています。
最近では個人認証システムなどを導入し、セキュリティコードの他にもパスワードの入力が必要になってきております。

セキュリティコードは97年にマスター・01年にはVISAが対応するなどしておりますが、
まだセキュリティコードを導入していないカード会社も中にはあります。

色々な対策が作られていますが、クレジットカードは大事な信用でもありますので、契約の際は、これらのセキュリティをしっかりしたところを選ぶ様にしましょう

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る