現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 総量規制【用語集】

総量規制【用語集】

総量規制とは?

総量規制の説明

以前は消費者金融からの借り入れの額は、特に設定されてはおりませんでした。
しかし、いくらでも借り入れが出来るため何社からも借り入れをしてしまい、結果支払いが回らなくなる人も続出してきました。
そういった深刻化する多重債務問題に歯止めをかけるため、2006年から導入されたのが総量規制となります。

総量規制とは、文字通り借り入れする総量に規制をかけるものです。
こちらが施行されて以降、借り入れの総額は総収入の三分の一までと決められております。

借りられる最大額を決めることで、借金に歯止めをかけるのが狙いではありますが、現実的には上手く行ってはいないようです。

各社合わせても、総収入の三分の一まで

複数会社からの借入れの場合、合計金額で判断します。

総量規制は個人に対してのもので、法人に対しては規制されてはおりません。
なので、法人にとってはあまり関係ない話しではありますが、個人にとってはとても重要なことです。

収入の低下による収支のバランスの変化や急な怪我による出費など、人によって様々な理由があるとは思いますが、総量を規制された結果必要な時に借り入れが出来なくなってしまい、生活に支障がでる方も出てきてしまっているようです。

信用情報機関により借り入れ情報は共有されていますので、複数の消費者金融を選んでもその総量は変わらず、総収入の三分の一までとなってしまいます。

確かに上限が設定されることによって、際限なく借金が増えて行くことはなくなりますが、どうしても上限の三分の一を超えての借り入れが必要な人には大変困った事態になってしまいました。

ニーズに答えたサービス

現金化は総量規制の枠に捉われず利用出来るサービスです。

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制にかかりますので、三分の一を超えた額は借り入れ出来なくなります。しかしショッピング枠は違います

ショップ枠は貸金業法の適応対象外のため、仮に上限額いっぱいまで借り入れをしていたとしても、問題なく利用して品物を購入することが出来る様になっております。

総量規制は現金の借り入れに規制をかけるものであり、商品の購入に借り入れすることに制限は掛からないのです。

カード現金化はそのショップ枠を使用し品物を購入して換金する仕組みのため、総量規制にかかることなく利用者は現金を手にすることが出来るのです。

どうしても資金繰りに厳し時は、現金化を利用すると言う選択肢もあります。
総量規制と言う上限がある今、現金化と言うのは時代のニーズに沿った新しいキャッシングサービスの形態と言えるかもしれません。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る