現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » クレジットカードの審査【用語集】

クレジットカードの審査【用語集】

クレジットカードの審査とは?

カード会社ではどんな事を審査するのだろう?

クレジットカードを利用出来る様にするには、カード会社に申請して審査を受ける必要があります
審査される点は複数ありますが、何より安定した一定の収入があること等が条件となります。
それでは、カードを申請した際に審査される3つの要素を詳しく確認していきましょう。

審査の際見られる3C

審査の3Cとは?

審査で行われる3つの観点があり、俗に3Cと呼ばれております。

Capacity (資力)

文字通り、現在お客様が持っている資力、どの程度の収入があるかをチェックします。継続的な収入があるか否かを確認します。

Character(性格)

融資に性格なんてと思われるかもしれませんが、ここでは返済日にキチンと返済する人物かどうかが見られます。
具体的には、信用情報機関(別項参照)から過去のクレジット利用履歴などをチェックされます。
過去に遅延などがあったりすると、審査が下り難くなってしまいます。

Capital(資産)

担保となりうる資産を持っているかが確認されます。
自宅など、不動産をを所有していると、返済の際の担保になると考えられ、審査に有利に働きます。

以上この3つが一定のレベルであるかどうかがみられます。

これのチェックは厳密に行われ、資格を十分に満たしていないと審査に落ちてしまい、カードを利用することが出来ません。融資側も、返済不能になってしまうなどのトラブルを避けるため、この様な審査を厳しく行なうのは当然のことなのです。

ではカード現金化はどうなのでしょうか?
カード現金化も現金を支払ってくれる点から、金融業と同じようなイメージをもたれる方もいらっしゃると思います。
しかし現金化には審査は基本的にありません

現金化には審査は不要?

クレカと違い、現金化は審査不要です!

クレジットカード現金化を行なう際は、審査不要を掲げている業者が多く見られます。
通常、金融機関などから借り入れをするためには上記の様な審査を受ける必要がありますが、現金化は何故その必要がないのでしょうか?そのご説明を致します。

カード現金化を行なうには、前提としてクレジットカードを持っている事が挙げられます。
そのため、カードを所有している段階で十分な支払い能力を持っていることの証明となりますので、カード現金化サービスを提供するのに審査は不要、と言うのが一般的な判断となります。

また現金化は消費者金融等と違い、お金を貸し出す訳ではありません。
現金化はカード会社より受け取った代金を、お客様が商品を売却(返品)する際にお渡しする流れになります。
この様な業態であるため、融資とは違いますので審査が必要ないと言うことになります。

どうしても現金が不足して困った事態なってしまった際には、審査不要な現金化は大変便利なサービスといえるのではないでしょうか。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る