現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 信用情報機関【用語集】

信用情報機関【用語集】

信用情報機関とは?

信用情報機関って何だろう?

クレジットカードやローンを申し込む際、カード会社はお客様を審査します。
審査の内容は主にお客様の債務情報等ですが、カード会社はどうやってお客様の債務状況を知ることが出来るのでしょうか?

実は借り入れやローンなど組むとその情報は記録されるのですが、そう言ったお客様の債務履歴をまとめて扱っているのが信用情報機関です。

カード会社は、審査の際にこの信用情報機関にあるデータを元にして、「他社からの借入状況等があるか?」などの情報を見て、カード利用が可能か否かを判断しています。

信用情報機関とは、お客様とカード会社の間に立つことで多重債務に陥らない様にサポートする機関なのです。

信用情報機関の役割

信用情報機関・会員会社・消費者との関係

信用情報機関が情報を一元管理する事で、金融機関・消費者双方にメリットがあります。

  • 金融機関は消費者の借入れ状況などの信用情報を正確に把握する事が出来ます。これは審査を正確に行う上で欠かせない要素となります。
    また、返済不可能な必要以上の貸し出しなどを防ぐ事が出来、結果として消費者業界の健全な運営を保つ事が出来ます
  • 消費者は、自身の信用情報を公正な第三者機関が正確に把握する事により、借入れの際の審査を迅速かつ正確に行う事が可能となります。
    これらのように、消費者と金融機関との健全なバランスを保つためにも、このような信用情報機関は必要なのです。

カード会社が加盟している信用情報機関

カード会社が参照する主な信用機関は3社

信用情報機関と言っても一社だけでで全てを管理している訳ではなく、複数存在しています

クレジットカード会社が利用している会社は主に以下の3社になります。

CIC (シー・アイ・シー)

カード会社の共同出資で設立された所で、現在カード会社が最も多く加盟している会社です。

日本信用情報機構(JICC)

消費者金融系のクレジット会社の加盟が多い会社です。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

銀行系クレジットカード会社が主に加盟しております。
カード会社はお客様にどの程度の与信が出来るか判断するため、これらの内の最低でも一社は信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関で確認出来る情報

審査の際に金融機関は個人情報を機関でチェックするのですが、ではどのような情報を確認するのでしょうか?
主に金融機関がチェックする項目は以下の内容となります。

過去にブラックリストの状態になっていたか?

消費者金融が審査の際に一番最初に確認するべきポイントが、このブラックリストになっているかのチェックです。
ブラック状態になってしまっていると、他の要素がいかに良くても、審査に通るのは難しくなります

ブラックリストとは、金融機関などで組んだローンの支払いが一定期間の滞っていたり、破産などの状況に陥った場合に、延滞情報として登録されてしまう情報です。

経済状況がいかに良好でも、支払いが滞っているような方や自己破産をしている方を、当然ですが金融機関は融資をしたくありません。それゆえに、金融機関が審査をする際は最初にこのポイントを見るのです。

入金・支払い履歴

入金・支払い履歴というのは、ローン等を組んだ際の支払いが期日通りに行われているかの履歴となりますが、これらも金融機関が審査の際にチェックする非常に重要なポイントです。

例えばCICだと直近の24ヶ月分に関する支払い履歴が掲載されておりますが、この支払い履歴が健全に行われている方ですと審査の際の印象は非常に良くなります

逆に支払いが延滞をしていたりするような事があると、普段から支払いをきちんと行わない人と思われ、印象が悪くなってしまいます。

他社の審査の申込履歴

金融機関にローン等の申込をした際、審査に落とされた場合でも、審査をしたという履歴自体は信用情報として残されてしまいます

他社のカード会社が審査をする際に、これらの落ちた情報が多いと、仮に本人に何も問題が無くても悪印象を持たれてしまいます

審査をする会社からすれば、何かしらの理由があって他社では落とされたと思わてしまうからです。
もし心当たりが無いのに、連続して審査に落ちてしまった場合は、この審査履歴が影響している場合があります。

審査の履歴は半年間ほど個人情報として残ってしまいますので、このような状況になってしまったら審査を半年ほど空けてから再度申し込みをしましょう。

ブラックリストやその他のクレジットに関する影響は?

ブラックリストに乗っていると、カードの審査が降りるのは非常に難しいでしょう。

また、「自分は今まで借り入れ等したことがないから審査は問題ないだろう」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、難しいもので全く信用情報が真っ白でも、過去に何かあったのかもしれないと思われ逆に審査が通りずらい事もあるのです。

信用情報はおよそ10年前後でリセットされます。そのため、リセット前に何かあったのでは、と勘ぐられてしまうのです。

20代の場合でしたら真っ白でも不思議ではないので問題ありませんが、30代40代で真っ白の場合だと審査が厳しくなるでしょう

全くカードを使っていない方よりも、カードを使い毎月キチンと返済している方が、審査はプラスに働くのです。

現金化はブラックリストに乗っていても利用できる

ブラックでも現金化は利用可能です!

ブラックリストの状態になってしまうと、いざという時にそれ以上借り入れが出来ず、大変困った状況になるかもしれません。

しかしカード現金化は例えブラックリストの状態だったとしても、問題なく利用出来ます

ショッピング枠を使用するため、クレジットカードが使えることは前提ではありますが、資金繰りに困った際に借り入れも出来ないとなった場合は、現金化を利用してみるのも一手かもしれません。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る