現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 商品買い取り方式【用語集】

商品買い取り方式【用語集】

商品買い取り方式

現金化の商品買取方式のイメージ

カード現金化を行なうにあたり、現在においては「キャッシュバック式」と「商品買い取り式」の2つの手法が取られております。
この項目では「商品買い取り式」についてご説明していきましょう。

買い取り式の仕組み

買取方式の手順

商品買い取り式の仕組みを簡単に説明すれば、申し込みをしたあとに目的の金額に値する品物を小売店などの店舗から買います

品物を購入、または配送により届いたら、それを現金化業者へと持って行くか、または送付して買い取ってもらうことで品物を現金化する、と言う流れです。

買い取り式は昔からある手法で、買った商品を質屋等に売って現金化すると言えば分かりやすい手法ではないでしょうか。

この様に説明すると、「なんだじゃあ業者に頼まなくても、自分で出来るじゃん」とお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

確かにそれは可能ではありますが、普通にデパート等で購入した商品を質屋へ持って行っても半額程度の額にしかならないでしょう。

相当な眼力が身につき、また慣れてくれば個人での現金化も可能でしょうが、何も知らない内は希望の金額で品物を売るのは難しく、まず出来ませんので、やはり業者を通して現金化するのが確実です。

買取方式のメリット

買取方式のメリット

現金化の買取方式には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

実際に価値のある品物が利用されるので、安心感がある

何と言っても買取方式のメリットは、自身の手元に品物が来る事です。

誰しもが、所持品を質屋やヤフオク・フリーマーケットで売ったりするのは一度は経験があると思うのですが、この流れに沿っているのが買い取り方式の手法となります。

ですので、身近な経験もあり、商品の流れも目に見える物ですので、安心感があるのです。

トラブルがあっても、商品が手元に残る

万が一の事態となっても品物が手元にあれば、目的の金額に届かないまでも上記の様に質屋へ売るなどの対処を取ることで、悪徳業者からお金を丸々騙し取られるといった事が避けられます。

悪徳業者の場合ですと、いざ商品を用意し、業者が買い取る段階になって、買取価格を下げてくるというケースなども考えられますが、手元に商品があるので、最悪は小売店に返品をしてしまえば、購入した損失分を取り戻す事が可能です。

ざっと挙げさせて頂きましたが、この部分が「買い取り式」が「キャッシュバック式」より優れている点と言えるのではないでしょうか。もっとも良い所だけでは無く、デメリットもございます。

買取方式のデメリット

買取方式のデメリット

『きちんと現物を手元で見れる。』一見安心・便利そうに見える買取方式ですが、デメリットも存在します。

換金率が低い

買取方式の場合、街中の目立つ場所に店舗を構えなければならない為、キャッシュバック方式よりも家賃などのコストが余計にかかります

また、看板や雑誌広告を出す為、広告費用に関しても、余計にかかってしまいます。

その為、キャッシュバックする費用を下げる事で余分なコストを補わなければならないのです。
買い取り方式の方が換金率が低いのは、主にそのような理由なのです。

振込みまでの時間がかかってしまう

利用者が商品の販売店を回り、商品を一通り購入してから、それを買い取って貰うこの形式の場合、非常に手間がかかります。ですので、即日の入金が目的だと、朝早くから相当頑張らないと難しいのが現状です。

また、電化製品などの重い物など後日に配送となる商品が入っている場合は、当日の現金化はまず難しいです。

このように、商品のやり取りが全て完了してからの振込みとなる関係で、労力と日数が思った以上にかかってしまうのです。

このように、「換金率が低い」事と「振込みまでの速度が遅い」という事がデメリットなのですが、近年、顧客のニーズに合わせるように、キャッシュバック式の業者は、買取方式よりも遥かに多い割合で存在するようになりました。

これはお客様がいかに、換金率とスピードを求めているか、という時代の流れなのではないのでしょうか?

また、キャッシュバック方式に皆様が慣れてきて、創業期当初のような目に見えない不安感が無くなったとも言えるのでしょう。

急な入り用で、今日明日中に現金が必要となった場合は、買い取り式では間に合いません。
そこはやはりキャッシュバック式が優れています

申し込む際はその辺りにも注意が必要です。
急ぎ現金が必要な時に、誤って買い取り式を選んでしまっては大変です。
申請する前にキチンと確認が必要です。
状況に応じて、どちらの方式を選択するか決めるとよいでしょう。

自分の手で現金化?

自分の手で現金化する事は可能なの?

上記でも触れておりますが、買い取り式の仕組みを理解して高く買取って貰える商品が分かれば、業者を通さず、自分だけで現金化を行なう事も出来る様になるでしょう。

個人での現金化の方法とは、ネットオークションを利用する事です。
ブランド物や人気の家電等を買い、オークションで売ることで、個人でも現金化することが出来ます。

とは言え、個人でやる場合は、希望金額で確実に売れる保証はありませんので、個人でやる場合はそれなりのリスクを背負う必要があります。

リスクを避けたいのならば、やはり業者を通すのが確実です。
悪徳業者に引っかからない様、優良業者を選ぶ目を養うのが損をしない一番確実な方法かもしれません。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る