現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 悪徳業者【用語集】

悪徳業者【用語集】

悪徳業者

悪徳業者に騙されて困る男性

何事も計画通り進めていたとしても、不意に手元に無い時に現金が必要になったりすることもあります。
そんな急な入り用があった時などに、カード現金化は大変便利なサービスです。

ネットを使えば、素早く現金を手にする事が出来るお手軽さも魅力のひとつですが、お手軽故に気を付けなければならない事もあります。

大抵の現金化業者は、困っている人の一助になればと真摯に仕事に取り組んでいますが、中には利用者から現金を騙し取ろうとする業者もいます。

この項目ではそんな悪質な業者、悪徳業者についてご説明していきます。

どのような被害報告がある?

詐欺の手口は様々です。

別記事にもありますが、現金化を利用して悪徳業者に騙されたというケースは、実は他業種に比べ非常に非常に少ないのが現状です。

とは言え当然ゼロでは無く、少なからず被害報告が消費者センター等に寄せられています。

手軽にサービスを受けられるためか、あまり申請先の業者のことを調べずに利用した結果騙されてしまうといったケースが多い様です。

最も多い被害内容は、やはり現金が支払われなかった、という内容です。予定していた額の半分しか振り込まれなかったり、酷い場合は一円も振り込まれなかったなどのケースがあります。

他には、再利用を強制する様に電話をしてきたり、現金化の利用を秘密にしておきたい利用者の真理を利用して「家族にバラす」等の脅迫をしてきたりなどと言ったケースであったり、個人情報を他の業者へと売ることで、利用したこともない所から上記のような利用を強制する電話がかかってくるなどもあります。

こういった悪徳業者は裏でヤミ金と繋がっている事も珍しくありませんので、ヤミ金からの勧誘や、酷い時は「押し貸し」(別項参照)と言われる行為までされることあります。

気が付かずに悪徳業者の経営する現金化サイトを利用してしまうと、この様な大変厄介な事に巻き込まれかねませんので、注意を怠れません。

悪徳業者を見分けるには?

上記の様な事態を避けるために現金化の際は業者選びは慎重に行なう必要があります。
真っ当な業者を見分けるには色々とありますが、重要なのは下調べを徹底することです。

当サイト等をよくご覧になって、業者選びのコツを手にする事をお薦めします。
優良業者にしろ、悪徳御者にしろ必ず特徴がありますので、当サイト以外にもネットで他の口コミサイトなどを見て、業者選びをしましょう。

万が一悪徳業者に引っかかってしまっても、下調べしておくことで早い段階で気付き、被害を最小限に抑える事も出来るでしょう。
出来ればそう言った様な事態は避けたいものですが、万が一に備え、現金化の利用の前に十分に知識を得ることが悪徳業者から身を守る力になるでしょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る