現金化コンシェルジュ » 裏情報 » 悪徳業者に捕まらないために

悪徳業者に捕まらないために

悪徳業者に捕まらないために必要なこととは?

悪徳業者に捕まらないために知っておくべき事

悪徳業者や詐欺師は、現金化業界に限らずどの業界にも必ず存在するものです。
このような業者や人間と関わっても得する事が無いので、なるべく関わらずに済ませたいものですよね?

ただ、クレジットカード現金化のサービスは近年利用される方が増えてきたとは言え、まだまだ十分に周知されてるとは言い難い業界だと思います。

そのような余り普段から関わりの無い物を利用する場合というのは、判断力が鈍ってしまう場合がございます。
また、現金化を利用する時は、大体が緊急でお金が必要という状況が多いので、余計に判断力が鈍ってしまうと思います。

正しい方法をよく知らないまま利用してしまい、悪徳業者に騙されてしまう、そんなケースが現金化でも存在します。

悪徳業者にも色々居て、現金化の際、適切な金額を払わない、法外な手数料を取ると言った、直越的なものから、
個人情報の取得といった、現金化を利用した間接的な詐欺行為を目的とした悪徳業者もいます。

どういった悪徳業者がいるのか?また、その対策はどうするのか?それらを知ることで、トラブルを未然に回避ことも出来るでしょう。

様々なタイプの悪徳業者

悪徳業者の手口は様々です。

紹介屋タイプ

悪徳業者で良く耳にするのが、紹介屋と呼ばれるタイプです。

申し込みをすると、そこでは現金化サービスを行わず、他の業者を紹介し、紹介手数料と称し、手数料を取っていくタイプの悪徳業者です。

本来紹介手数料など支払う必要はないので、そのような話を申し出てきたら、その業者は悪徳業者と判断し、お断りするべきでしょう。

また、仮に紹介されたとしても、紹介先の相手は、こちらがお金に困っている事を知っており、足元を見た対応をして来ます。
関わっても得をする事はありませんので、早々に断ってしまうのが良いでしょう。

個人情報収集タイプ

なかなか見分けが付きにくいのは、個人情報収集を目的とした悪徳業者です。

このタイプは厄介で、利用者の個人情報が目的なので、申し込みは問題なく済ませます
この時点で彼らの目的は達してしまっているので、避けるのが難しいのです。

以降は音沙汰はなくなり、代わりに他の業者から怪しいセールスが来るようになってしまいます。

未入金タイプ

クレジットカード現金化サービスで最も多い悪徳業者はやはり、商品購入後振り込みをしない未入金タイプでしょう。

更に酷いものだと、カードの番号を聞き出しクレジットカードを不正利用される、そんな悪徳業者もいます。

一括入金が基本なこの業界にも関わらず、強制的に分割入金にさせて、さらには最初の一部だけ入金して以降は支払われないという業者なども居り、方法は様々な物に分かれるのですが、基本的にはクレジット決済のみを済ませて、対価のキャッシュバックを払わないという方法となります。

このように、同じ現金化を利用した詐欺でも様々な方法があります。
こういった悪徳業者に引っかからないために、どういった点に注意すればよいのでしょうか?

悪徳業者を見抜くコツとは?

悪徳業者を見抜くポイントを押さえておこう

様々なタイプの悪徳業者をご紹介してきましたが、こういった業者に共通する点が幾つかあります。

それは「自社サイトを持ってない」「住所を記載していない」「換金率が異常に高い」といった点でしょう。

真っ当な業者であれば、なにも隠すことなどありませんから、住所など会社詳細を堂々と載せているものです。

後ろめいた事をしている業者ほど、コソコソとしているものでしょう。
そういった業者は詐欺と判断し、選ばない様にするのが懸命です。
申し込みをする前に予め確認することが大切になってきます。

また、スタッフの対応にも注意する必要があります。
キャッシュバック方式の場合、現金化の手続きは、相手にカード情報を知られずに行う事ができるのが通常です。
必要の無いカード情報や、個人情報を必要以上に聞いてくる業者は避けるべきでしょう。
いい加減な業者ほど、事前説明を適当に省いたり、質問の回答がいい加減だったりします。
スタッフの質が悪い業者が優良業者であるハズがありませんので、このような部分も見分けるポイントになります。

悪徳業者の手口は年々込み入ってきています。
今後、紹介したタイプ以外の手口で詐欺を行なう悪徳業者も出てくる可能性も十分あります。
そういった悪徳業者に捕まらないためにも、事前によく調べておくことがトラブルに巻き込まれないために必要になってきます。

まとめ

悪徳業者はどのような業界にもあるものですが、現金化のように利用者が急を要するような場合、焦るあまりに正常な判断が出来ない場合があります。

悪徳業者の種類としては、「他の金融業者を紹介するタイプ」「個人情報を収集するタイプ」「手続きだけさせて入金をしないタイプ」などがありますが、今後、別の方法も出てくるかもしれません。

これらを見分けるポイントとしては、「きちんと自社サイトなどを持っている」「きちんとした住所の記載がある」「換金率が正常な範囲」などがあり、また、スタッフの対応がきちんとしているかもチェックしましょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る