現金化コンシェルジュ » クレジットカード現金化の基礎知識 » 悪徳業者を見抜く10の項目!その①

悪徳業者を見抜く10の項目!その①

悪徳業者を見抜く10の項目!その①

優良・悪徳業者を見分けるポイントって?その①

カード現金化をする上で、最も注意しなければならない点は、やはりその業者が優良業者か悪徳業者かどうかです。

現金化に慣れない内はその見分け方も難しいですが、当サイトの情報をよく読んでトラブルを未然に防ぎましょう

悪徳業者って何をするの?

悪徳業者のイメージ

一口に悪徳業者と言っても、具体的に彼らは何をしてくるのでしょうか。

まず悪徳業者がどんな事しているのか、そちらからご説明します。

1:個人情報の漏洩

契約の際に記入した個人情報は、勝手に他所に流したり売買に利用することは禁じられてます。

悪徳業者は入手した個人情報を、他所に流すことで利益を得ています

場合によっては個人情報を盗む事だけが目的の業者もおり、申し込みメールを送ったのに一向に連絡が来ない という場合もあります。

2:クレジットカード詐欺

カード現金化する上で、本来不要なクレジットカードの情報(詳しく)を聞き出し、勝手に商品を購入するなど。

3:法外な手数料を請求

サイト等で書かれている換金率よりも多くの額が引いて振り込まれる場合があります。
悪徳業者は差額を手数料として、事前の説明も無しに勝手に徴収してきます。

4:被害回復詐欺

業者間で利用者の名簿を回していたりするので、被害を受けた利用者を尋ねて、被害を取り戻す名目てお金を 騙し取ろうとしてきます

一度でも騙されるとターゲットとして見ず知らずの業者等からも狙われたりするのです。

悪徳業者が騙してくる手口

悪徳業者の手口

手口その① : 現金化に必要な事と言いつつ…

カード現金化するために必要な事と言い、まず初めに業者の指定する口座にお金を振り込むよう誘導してきます。

説明するまでもありませんが、カード現金化をする上でこちらから相手にお金を振り込む事はありえません

業者の収入は手数料として振り込む額から引かれることになるので、どんな理由であれ、こちらか振り込む事はないと覚えておいて下さい。

もしそのような事を提示してきたら、悪徳業者かチェックする必要もありません。
この様なタイプはカード現金化を謳ってますが、いわゆる振り込め詐欺である可能性が極めて高いです。
このケースは、悪徳業者と言うより詐欺グループという方が正しいでしょう。

ニュースで聞いてると「どうしてそんなのに引っかかるんだ?」と思われることも多いかと思いますが、カード現金化の利用する際は切羽詰まっている事が多い為、中々冷静な判断がし難くなるものです。
彼らはそんな人の心理につけ込んで、騙してきます。
もし相手が振り込む様言ってきても無視するか、警察に連絡する様にしましょう。

手口その② : 換金率が高いと思ったら手数料が…

高い換金率に誘われ利用してみたら、初回費用や迷惑料などとそれらしい項目をあげつらい、手数料として差っ引いていき、結局振り込まれた額は半額以下だった、などと言ったケースも存在します。

この様な業者は手数料について訪ねてもはぐらかしたり、曖昧な説明をしようとします。
更に追求したりすれば、急に口調が荒くなり、怒鳴りつけ無理矢理に契約する様に脅迫してくるかもしれません。
慣れていないと、恐ろしさのあまりつい契約してしまう人もいるでしょう。
彼らは正にそれを狙っているのです。
怒鳴りつけることで利用者の動揺を誘い、冷静な判断を奪って不当な契約を結ぼうとしているのです。

実生活でこの様な露骨な悪意に晒される人は、滅多にいないためか、少なくない人が言いなりになって契約してしまっており、悪徳業者としてはお手軽な騙しの手口になっているようです。
悪徳な所になると「今からそっちに乗り込んでやるからな!」等と言った脅し文句言ってくるような所もありますが、真に受ける必要はありません。
この様な業者に出会ってしまったら言い返す必要もありません、そのまま電話を切ってしまいましょう。

相手からしつこく電話はかかってくるでしょうが、貴方の前に現れることはまずありません。
彼らにしてみればその様な事に時間を割いても一文の得にはなりませんので、口でどの様な事を言っていたとしても実行することはありえません。
それよりも次のターゲットを探すことに忙しいはずです。
無視して、次の信頼できる業者を探しましょう。

手口その③ : 他に良い業者がいると誘われたら…

カード現金化の悪徳業者の中には、闇金等と繋がっている所もあります。
自分のところでは現金化出来ないが、やってくれる良いところがあると薦めてきますが、決して善意で進めている訳ではありません。
薦められた先が高金利の金融業者で、知らない間に契約することになっている、などと言ったこともあるかもしれません。

高金利業者ならまだマシな方で、ひどい場合は闇金業者に繋げられてしまう事もあります。
この様なところと契約してしまえば、とんでもない事になってしまいます。
元より返済できる様な設定にはなっていませんので、ひたすら搾り取るだけ搾り取ろうとしてくるでしょう。
絶対に契約してはいけません。

薦められた所は「良い所だ」等の言葉を鵜呑みにせず、入念に自分で調べた所を利用するようにしましょう。
こういった事を薦めてくる業者は悪徳業者の可能性は極めて高いです。
チェックするまでもなく、利用を控えたほうが良いでしょう。

手口その④ : 入金後安心していたら…

初めの振込はきっちりとしておき、安心させてから騙すやり方です。
一度ちゃんとしてくれたのだから二度目も大丈夫、と思い込んでしまうのは危険です。
一度目で安心させておき、手口1で紹介した様に、理由を付けて業者側に振り込ませようと誘ってきたり、手口2のように法外な手数料を取ったりなどしてきます。

最初にキチンと振り込んでくれたからと、過剰に信用するのは考えものです。
悪徳業者はそう言った人の心理を巧みに突いてきます。
騙されないためには先入観は禁物です。後に紹介するチェック項目を確認して、冷静に判断するのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
次の記事(悪徳業者を見抜く10の項目!・その②)では、巧妙化する手口に引っかからない為の具体的なチェックするポイントについてまとめてみたいと思います。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る