現金化コンシェルジュ » クレジットカード現金化の基礎知識 » 悪徳業者を見抜く10の項目!その③

悪徳業者を見抜く10の項目!その③

悪徳業者を見抜く10の項目!その③

優良・悪徳業者を見分けるポイントって?その③

前回の記事に引き続き、優良業者を見分ける為のチェックポイントを解説して行きます。

優良業者を見分けるポイントに役立てて下さい。

業者チェック⑦ 換金できる商品を事前に教えてくれるか?

商品の内容を事前に明かさない業者には要注意です。
カード現金化において、実際に届く品物にはあまり意味がないものが多いです。

しかしだからと言って、どんな品物が送られてくるのは知らないでいるのはとても危険です。
見に覚えのない商品が届いたので受取を拒否してしまったが、実はカード現金化に必要な受け取って返品するための品だったため、そこからトラブルに発展したという例も少なくありません

こういった事は優良業者としてはあってはならない事のため、事前にしっかりと説明をしてくれます。
事前に説明を怠る業者は、そもそも業務を真面目にする必要がない、利用者を騙して儲けている悪徳業者である可能性があります。

商品についてしっかり説明がされているかどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

業者チェック⑧ 換金率の内容説明が適切か?

換金率が高ければ高いほど、振り込まれる額が多くなります。
そのために、利用者としては少しでも高い換金率を謳う業者を利用したくなるものですが、換金の際、何%かは業者の手数料として引かれます。
利用者としては少しでも高い換金率の所を利用したいものですが、ただ高い換金率だけを示している業者には要注意です。

悪徳業者は『換金率99%完全保障』などと謳いながら、実際に振り込まれた額は半分にも満たない等と言うこともありうるのです。
このようなトラブルを避ける為にも、手数料がいくらかかるのかしっかりと確認しましょう。

優良業者は手数料の内訳をしっかりと説明しているはずです。
もし内訳が説明されていなければ、そこは要注意です。

業者チェック⑨ スマホ対応のホームページか?

運営している現金化サイトがスマホにも対応しているどうかも、業者を見分ける大事なポイントになります。
そんなことでどうして分かるのかと言えば、サイトの作成会社に作成を依頼するのにパソコンとスマホでは仕様が違うため、別途料金が必要になります。

PC・スマホ両対応のサイトを制作すると料金はおおよそ1.5~2倍はかかると言われています。
長く堅実にサイトを運営していくなら必要経費として問題はないのしょうが、悪徳業者はそのような手間暇をかけず手早く騙して、いざとなれば姿を消してしまいます。

そのため、悪徳業者はサイトに手間や資金をかけるような事は出来るだけ避けようとします
スマホ用のサイトがなかったり、サイトの作りが明らかに雑な所は用心する方が良いかもしれません。

業者チェック⑩ 現金化の流れがしっかり説明されているか?

優良業者はトラブルを避けるため、カード現金化までの流れをしっかりと説明しているものです。

説明を曖昧にしている所は、詳しく説明すると都合の悪い事があるため、意図的に伏せている可能性があります。
詳しく聞こうとすると、前の記事で紹介した様に態度を変えて来るかもしません。

わざわざ面倒な事になる前に、こういった現金化までの流れをきっちり説明せず、曖昧にしている業者は避けた方が賢明です
カード現金化に限ったことではありませんが、事前に説明をしっかりとしない様な企業はあまり良い所とは言えませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カード現金化はとても便利なサービスです。
クレジットカードの普及に伴い「もっと便利に使いたい」と言うニーズに答え出てきたサービスですが、まだ業界としての暦が浅いためか、少数ながら悪徳業者も存在しています。

何も知らないままで利用してしまいますと、知らず知らずのうちに、想像していた内容とは違う取引になっていたり、現金化される金額が目減りしてしまうかもしれません。

カード現金化業者のほとんどは真っ当な優良業者ですので、そこまで敏感になる事は無いかもしれませんが、少しでも振り込まれる金額を多くしたり、万が一のトラブルを避ける為にも、是非とも当サイトの情報を活用し、良い現金化サービスを探していただければと思います。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る