現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 換金率【用語集】

換金率【用語集】

換金率とは?

現金化は換金率に基づいて支払われます。

換金率(還元率)とはカード現金化において利用者が受け取れる金額の割合になります。
この換金率は、50%~高い所ですと100%近くと業者によって差がかなりあります
このような違いはどのようにして生まれてしまうのでしょうか?

業者の運営方針や時期によって、換金率が大幅に異なる!?

業者や時期によって、換金率は異なります。

現金化業者は通常の金融業と違い組合等も無く、換金率は一定に保たれておりません。その為、個々の業者が個別に換金率を設定しております。

業者として利益を優先する所であれば、当然換金率が低くなり、逆に顧客を増やしたい場合や、キャンペーンなどの企業努力を行っている所は換金率が高くなります。

業者によって事情が異なりますので、「ある所に問い合わせたら90%だったのに、別の所に問い合わせたら同じ条件で50%だった」なんて不思議な事がよくあるのが、この現金化の業界です。

利用側としてはなるべく換金率が高い所を選びたいのは当然だと思いますが、ただ、換金率が高額だからと言って安心するのは危険かもしれません。

高換金率を掲げる悪徳業者に注意

現金化の仕組みを使って、利用者からお金を騙し取る業者の中には、高換金率をエサにする所が多いです。

『高換金率』と言っておけば、当然問い合わせが多くなるからです。ですので、安易に換金率が良いからと言って利用先を決めるのは早計です。

当サイトや他の口コミサイト等をよく見て頂き、安心して利用出来る業者を探す事が、還金率の過多よりもあるいは現金化には大切なことかもしれません。

そもそも、なぜ換金率という物が存在するのか?

最後になって、換金率に関する”そもそものお話”なのですが、
なぜ100%現金化されなく、換金率に従って目減りされて換金されるのだろう?
と皆様は一度は疑問に思うはずです。

現金化業者は、利用者が現金化をする事により、利益を上げる会社となります。
当然ですが、利益が無くては運営が成り立ちません

例えば換金率が80%だとした場合、残りの20%が利益となり、業者はその中から従業員のお給料や、水道光熱費・クレジット会社との契約費用なども支払わなくてはなりません

自身で購入し、100%に換金出来るような販売先があれば、このような業者自体を使う必要は無いのですが、やはりプロに任せた方が安心ですので、利用者としても下手に自分でやって失敗するよりはと考え、現金化業者を使うのです。
ですので、換金率は「安心・安全に現金化を出来るプロに頼む為の手数料」という認識を持てば、分かりやすいでしょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る