現金化コンシェルジュ » 質問集 » 現金化する仕組みはどの様になっていますか?【質問集】

現金化する仕組みはどの様になっていますか?【質問集】

Q:現金化する仕組みはどの様になっていますか?

現金化する仕組みってどうなっているの?

現金化業者は、現金化をする際どういった方法をとっているのでしょうか?

申し込みをした際は、業者の指示通りにしていれば、仕組み等を知らずにいても、現金を問題なく受け取れますが、もしも相手が悪徳業者だった場合、相手任せにしていると、騙されてしまい、大変困った事になるかもしれません。

その様な状況を回避する意味においても、現金化の流れや方法等をキチンと知っておくと、自身を守る事になるかもしれません。

2つの方式

現金化には大きく分けて2つの方式があります

現金化を行なう際、「キャッシュバック式」「買い取り式」の2つの方法で行われます。

まず「買い取り式」の方から仕組みを説明します。
買い取り方式は、値段の通り価値のある品を現実に購入し、その商品を後ほど業者が買い取るという形で利用者へ還元する方式です。

実際に商品を購入して、業者に引き取ってもらい、現金を振り込むという質屋やリサイクルショップなどの利用と似た形式を取っている為、利用者がイメージしやすいというメリットがある反面、手間と時間がかかってしまうというデメリットがございます。
また、商品の相場によって換金率が変わる為、相場がキャッシュバック方式に比べて不安定で、総じて換金率がキャッシュバック方式より低いです。

次に、「キャッシュバック式」の仕組みを説明します。

こちらの仕組みは業者がカードの加盟店に入っている事が前提となります。
キャッシュバック方式は、利用者がその業者の商品を購入した事にして。カード会社からの代替金を利用者に還元する方式です。
実際に商品を取り扱う場合もありますが、それは値段に見合わない無価値なものを取り扱う事が殆どです。
ほぼ直接お金のやり取りをしているに等しいので、入金が「買い取り式」に比べて手早く済むのが特徴です。

スピーディーで、事業経費もかからない事から換金率も高いのがメリットですが、
顔を見せずにオンラインのみで可能な取引なので、その点を不安がるという方が居るのがデメリットとなります。

また、両方共通したポイントとして、現金化業界には詐欺は非常に少ないのですが、どちらの方式にも悪徳業者は存在するので、しっかりとした見極めが大切となります。

状況に応じて判断

現金化の流れは、これでご理解いただけたでしょうか。
まとめると、「商品に値段通りの価値の無い品」か、「価値がある品」をやり取りするかの違いと言えるでしょう。

業者がいずれかの方式を採用しているかは、サイトに提示さていますので、良く確認してから利用しましょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る