現金化コンシェルジュ » 質問集 » 現金化っていつ頃から始まったの?【質問集】

現金化っていつ頃から始まったの?【質問集】

Q:現金化っていつ頃から始まったの?

現金化の歴史の原点はいつごろからなの?

クレジットカード現金化の歴史は以外に古く、クレジットカードが使われ始めた1960年頃から、個人レベルでは購入した商品を売買し現金化する、といった事は行われてきました

現金化を専門とした業者の登場は正確な所はわかりませんが、表立って広告などが出てきたのは80年代後半に入ってからの事ですので、そのかなり以前から業者が居たことが分かります。

その頃はネットはまだ一般に普及してなかったので、広告等も今もある駅前で見るような看板での広告で、現金化の際は直接店舗へ足を運ぶ必要がありました

今の快適さに比べると大分不便な状況でした。

ネットの登場で申し込みも劇的に簡単に

現金化業者のオンライン決済導入により申込数が急増!

その後インターネットの広がりにより、ネットでの買い物の機会が増えていきます
ネットでの決算はクレジットカードが大変便利なため、多く普及していきました。

国内のカードの総枚数は3億枚程度とされています。
そのカードの利用機会のおよそ8割がネットでの買い物で占めているとされているのです。

インターネットが如何にクレジットカードの普及に手を貸しているか分かるかと思われます。

こういった流れにより現金化もネットでの利用がメインへと移り変わっていきます
その場ですぐ簡単に申し込みが出来るお気軽さも手伝い、更に利用者が増えていくことになります

利用者が増えていった背景には、2010年から導入された貸金業法の改正による所も大きいでしょう。
それまでは制限なく借り入れが出来ていたのに、施行されて以降は年収の三分の一までしかキャッシング出来なくなってしまいました。

いざという時に借り入れをしようにも、総量規制に引っかかってしまい、それ以上借り入れが出来なくなって困った人々多くなっていき、そんな方たちが現金化サービスを利用する様になっていたのではないかと思われます。

口コミなどで知名度は広がり続け、今後も利用者は増加の一途を辿ると思われます。

江戸時代にはすでに現金化業者がいた?

「クレジットカードの現金化業者」は前提としてクレジットカードの登場以降でなければ存在しないものではありますが、現金化そのものは江戸時代までその起源を遡れるのではないでしょうか。

品物を現金に変えるサービスと言えば、やはり元祖は質屋でしょう。
質屋の歴史は江戸時代からあることが確認されている歴史の長い現金化サービスです。

そんな昔からある現金化と言うものは、以外に馴染み深いものなのかもしれませんね。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る