現金化コンシェルジュ » 質問集 » 現金化のお金の流れってどうなってるの?【質問集】

現金化のお金の流れってどうなってるの?【質問集】

Q:現金化のお金の流れってどうなってるの?

現金化のお金の流れ・イメージ

現金化の申し込みは、その殆どがネットの手続きのみで終了し、自分から連絡しようとしない限りは、わざわざ現金化業者と直接対応する様なことはありません。

大変気軽で便利なサービスではありますが、一方で手続きが簡単すぎて、仕組みを特に理解しないままでも利用出来てしまうため、現金化の仕組みや流れをあまり理解してないままに現金化を利用されている方も多い様です。
そのため、確認不足から騙されたと勘違いしてしまう例も散見します。

ここで、現金化のお金の流れをしっかりおさらいしておきましょう
キチンと理解することで、本当に悪徳業者から騙されるのを避ける事も出来るはずです。

資金の流れ

現金化のお金の流れイメージ②

現金化業者は、利用希望者からの申し込みを受け、希望額に沿った商品を設定し、利用者へと品物を送付します。

業者はその代金をカード会社へと請求し、カード会社は利用者に代わり購入代金を業者へと支払います。

カード会社から受けとった額をの何%かを取り分として引きます(この額は業者毎の還元率で変わります)。

その後利用者から売却という形で返品された品の代金として、カード会社から受けとった額の残金分を利用者へと支払います。
こうして、利用者は現金を手にします。

最後にカード会社から建て替えた額の請求書が、利用者へと届きます。
利用者は分割などの好きな設定の元、カード会社へと返済していく、と言うのが現金化における資金の流れになります。

簡単にまとめますと、カード会社から業者へ支払い、業者から利用者へ支払い、利用者からカード会社へ返済と言うことです

ここで注意するべき点として、品物を購入する際、いくらの商品を購入するのか確認しておくことです。
いくらか把握しないまま購入し、後からカード会社から予想以上の額を請求される、といったケースも多く見られます。

現金化サービスは資金の流れを把握しづらい点がありますので、後で困らないよう、事前の確認は十分とっておきましょう。

現金化業者に返済する訳では無い事を理解しましょう。

上記でも説明しましたが、利用者が支払う必要があるのはカード会社に対してであって、現金化業者ではございません
現金化業者は、あくまでもクレジットカードの買い物をする枠(ショッピング枠)を現金に換える事をする業者ですので、支払い義務は生じない事を理解しましょう。

中には、利用者が無知なのを利用してお金を騙し取るような悪徳業者も居ますが、知識があればキッパリと断る事が出来るはずです。
悪徳業者に騙されないようにしましょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る