現金化コンシェルジュ » 裏情報 » 知らない間に、現金化の申し込みをされていた?

知らない間に、現金化の申し込みをされていた?

知らない間に、現金化の申し込みをされていた?

いつの間にか現金化の申込をされて、驚く女性

近年では、スマホの機能が充実してきており、パソコンよりスマホ利用者の方が多くなってきています。
クレジットカード現金化利用者も、スマホから利用する人が増えてきているようです。

兼用で使うパソコンと違い、身内に知られずに現金化を利用したい人にとっては、スマホの方が使い勝手が良いようです。

しかし、便利だからとスマホで現金化を利用しようとしていると、思わぬ落とし穴があったりするかもしれません。
なんと、知らない内に勝手にクレジットカード現金化の申し込みをされていた、なんてケースもあるのです。

どうしてこのような事が起こるのでしょうか?

なぜ勝手に申込がされていたのか?

自分では申込をしていないのに、勝手に申込がされてしまうのは、非常に恐いものです。
どうしてこのような事が起こりうるのでしょうか?

現金化サイトに限らず、ウェブ上のサービスにおいてお問合せやお申込のフォームは必ずと言っていいくらい設置されています
このフォームには、入力した情報が、実際に本人が操作を行ったかどうかの確認をする機能はございません。

本人で無くても、名前・メールアドレス・携帯番号を知っている人であれば、申し込む事が可能なのです。
イメージとしては、ドラマのワンシーンにあるような、ピザやお寿司の出前が頼んでもいないのに勝手に来たという感じです。

イタズラじゃあるまいし、こんな事する人居るの?と思うかもしれませんが、実際にこのようなトラブルは実例があるのです。

スマホで実際にあったトラブル

スマホを勝手に使われて申込された?

パソコンと違い、スマホは常に持ち歩き使うものです。
仕事場で知らない間に同僚が勝手にスマホに触れている、と言う事もあるでしょう。

触れるだけならまだしも、勝手に操作する、なんて非常識な人もいるかもしれません。

閲覧履歴から、クレジットカード現金化サイトに飛び、勝手に現金化の申し込みをされてしまう、なんて事もあるかも知れないのです。

知人だし、まさかそんな馬鹿な事をするわけが・・・とお思いでしょうが、結果としてそのようなトラブルの事実もございます。

申し込みだけならキャンセルも出来ますので、そう問題ではありませんが、その申し込んだ業者が悪徳業者だった場合、個人情報は取得されてしまいます
取得した個人情報を利用され、その後怪しげな業者から、セールスのメールや電話に悩まされることになりかねません。

では、このようなトラブルはどのように防いで行けばよろしいのでしょうか?

勝手に申込をされない為に

注意喚起するスマホ

近年の現金化需要の増加にもあり、現金化申し込みは名前や電話番号、メールアドレスなどで簡単に申し込みが出来るようになっています
大変便利なサービスではありますが、それだけに、気を付けなければなりません。

同僚や知人であれば、大体の人はその3つ位は知っているものですから、本人でなくとも、勝手に申請するだけなら簡単に出来てしまうのです。

そう言ったトラブルを避けるためには、スマホには常にロックをかけて勝手にいじれない様にしておく他に、閲覧履歴を消しておくなど方法があります。
スマホを使うのは自分だけと、油断していると意外な所からトラブルが降って湧いてくるかもしれません。
少々面倒でもクレジットカード現金化サイトなど覗いた後は、履歴を削除しておきましょう。

但し、自身のスマホをロックしたとしても、知人自身の携帯・PCなど、本人以外の端末から申し込まれてしまう可能性もありますので、このトラブルを100%防ぐ事は不可能ですが、自身のスマホをいじらせないだけでも、トラブルをかなりの確率で防げるようになります。

また、不用意に個人情報を教えすぎないという事も心がけておきましょう。
意外な所に落とし穴は潜んでいるものですので、注意しておきましょう。

まとめ

現金化に限らず、オンライン上でのサービスでは、必ずといって良いほどお申込フォームが付いております。
このフォームは本人でなくても入力が可能ですので、本人が気付かないうちに勝手に申込をされてしまう可能性があり、過去には実際にそのようなトラブルも存在しました。

自身のスマホの閲覧履歴からイタズラで申し込まれる可能性があるので、可能性のありそうなサイトの閲覧履歴は消しておき、また必要でない時はスマホをしっかりとロックしておきましょう。

現金化の場合ですと、名前や電話番号・メールアドレスなど、ちょっとした知り合い程度の人でしたら簡単に知る事の出来るレベルの内容で申込が出来てしまいます。
ですので、ちょっとした知人であっても不用意に携帯番号やメールアドレスを教えない事も大事です。

勝手に申し込まれても断ればいいのですが、悪徳業者の場合ですと個人情報を悪用されてしまう可能性もありますので、不用意に個人情報を漏らさないように注意しましょう。

情報を漏らさないように普段から慎重に行動をしても、知人レベルで知りうる情報ですので、100%この被害を防ぐ事は不可能ではありますが、それでもなるべく確率を減らしておく事に越したことはありません。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る