現金化コンシェルジュ » 現金化に関する用語集 » 金券ショップでの現金化【用語集】

金券ショップでの現金化【用語集】

金券ショップでの現金化とは?

現金化業者のオリジナル商品って何だろう?

カード現金化をするためには業者を通さねば出来ないと考えがちですが、実は業者に頼らずとも現金化する方法があります。その一つが、この金券ショップを利用した現金化です。

この方法はネットの普及する以前から行われてきた現金化で、「新幹線のチケット」や「図書券」などのチケットをクレジットカードで購入し、金券ショップで売ると言う至ってシンプルなものになります。

この方法の利点は、還元率が高いと言うことです。大体が90%を超えるため、2万円のチケットで1万8千円は確実に戻ってきます。業者を通せば還元率はもう少し下がってしまうでしょう。

「なんだ!じゃあ現金化したかったら、業者を通さず金券ショップを利用すれば良いんだ」と思われるかもしれませんが、この方法にはリスクもあります

金券ショップを使うリスク

なぜオリジナル商品を扱うのだろう?

カード会社は利用者がカードで購入した際、購入したものをチェックしています

そのリストに新幹線のチケットや図書券ばかりが並んでいたら、どうなるでしょう。

当然カード会社は現金化目的の購入と判断するでしょう。
カード会社は基本的に現金化を推奨しておりませんので、あからさまな購入は現金化目的と判断してカード停止処分、最悪は退会処分になる可能性があります。

これはカードの不正利用や、なりすましといった犯罪行為を防ぐためのやむを得ない処置なので、利用者のための仕組みでもあります。

自分で現金化する際はこの様なリスクがあり、特に金券ショップでの換金は古くから使われている手法なため、カード会社のチェックも厳しくなっています。

現金化業者を通せば確かに換金率が多少下がってしまいますが、安心安全に現金化をするために必要なプロフェッショナルに払う対価と考えるべきでしょう。

仕組みを理解し、慣れてくれば業者を通さず現金化することも出来る様になるかもしれませんが、はじめの内はプロに頼むのが確実です。

その他のセルフ現金化

換金の元祖と言えば質屋ですが、金券の類は監視の対象なら普通に品物を買って質屋で売ればいい、と言う方もいらっしゃると思います。

しかし金券等と違い、相場で値段が変化する品は換金率が一定とは限りません。
5万で購入したからと言って、必ず換金率90%の4万5千円で売れるとは限りません。

また露骨に高額商品やブレンド物ばかりを買うと、それもやはり換金目的と判断されてしまう場合もありますので、注意が必要です。

最近ではネットオークションを利用した現金化等ありますが、やはり購入額と釣り合った値段で売れるとは限りません。
やり方が気になる方は他の項目を参照していただけたらと思いますが、慣れない内はお薦め致しかねます。

重ねてお伝えしますが、安全と確実性を考えるならプロに頼むのが一番です。
情報を集め、然るべき業者を選んでお任しましょう。

人気記事のご紹介

ページ上部に戻る