業者によって換金率に開きがあるのはなぜ?【基礎知識 ④】

業者によって換金率に開きがある!?現金化業者の不思議

不思議な事が多い現金化業界

現金化の業界は非常に不思議な事が多いです。
ローンと違い、業者によっての価格設定にかなりの開きがあったり、協会などのような相場の変動が起こり過ぎないように取りまとめる所もありません。

ですので、現金化をよく知る為には、そもそも現金化業者がどのような形で収益を得ているのかという仕組みの部分を理解する必要があります。
このページで、収益の仕組みをしっかりと理解して頂き、なるべく換金率の高い業者選びの参考となって頂ければ幸いです。

現金化をしても、手元に100%残らないのはなんで?

この業界の7不思議でもあるのですが、
クレジット現金化の業者ほど、相場があいまいな物はございません。

高いもので98%から、低いものは80%などという所もあり、他の業界ではこのような異常な現象はなかなか見られません

出来れば、100%そのままショッピング枠を現金化したいと思うのは当然ですが、そもそもなぜ100%の換金率は存在しないのでしょうか?

クレジットカード会社に払う手数料

クレジットカードで商品を購入した場合、商品を販売した会社から、クレジット決済会社に、カード利用料として数%の手数料を支払います。

利用する側は手数料がかかる訳では無いので、ピンと来ないかもしれませんが、クレジットカード会社も利益を得ないと運営が出来ません。

また、販売会社はクレジットカードの月額システム利用料を、手数料と別途で支払わなければなりません。

現金化業者は慈善事業ではありませんので、当然このような手数料は利用者が負担するという事になります。

現金化業者も運営費用がかかる。

現金化業者の運用経費イメージ

一つ前の項目で、経費がかかる分が換金率から引かれるというお話をさせて頂きましたが、ここで、運営側の視点で考えてみましょう。

業者は、現金化をする際の手数料が収益となります。しかし、そのまま利益になる訳ではございません

電話やメール対応、その他実務をこなす従業員の人件費や、事務所を構えるので、家賃や水道光熱費などもかかってきます。
他にも、キャッシュバックをする商品の購入代や、ホームページなどを開設し運営する費用や広告費など、様々な費用がかかるのです。

これらの経費は、業者の運営の為に必要な物で、それゆえ100%の換金率が存在しないのです。

キャッシュバック型の業者は店舗型より経費が安い?

先程、事務所等の諸経費の点をお話しましたが、店舗型の場合、繁華街でもある程度は目立つ場所に構えなければならなく、その為キャッシュバック型と比べて、家賃だけでも経費が段違いにかかってしまいます
また、窓口対応をする分実務が多く、従業員の人数も必然と多くなり、作業量の分、人件費もよりかさみます。

より高い換金率の業者は、当然ですが経費をその分抑えられている所となりますので、必然的にキャッシュバック型の方が利益が高くなるという訳です。

業者ごとの換金率が一律でないのはなんで?

先程書いた、人件費や水道光熱費・商品代などはほとんど業者によって差が無いのにも関わらず、これだけ換金率に差がある理由として、規模の違いがございます。

大規模の会社は、想像しやすいと思いますが、サービス単価を安くする事が可能です。

イメージとしては、大量に在庫を持つ大型量販店などが商品単価が安いのと同じ理屈です。

大規模な所ですと、新しいシステムの開発や人件費が少なくなるようなくなるような企業努力により、高い換金率を維持出来るのです。

しかし、個人事業の場合、これらの効率が良くない場合が多く、ごく少人数で全ての業務を行わなければならない所もございます。そうなると単価のコストが上がりますので、当然換金率も高くなる場合が多いのです。

また、クレジット利用の際の手数料のパーセンテージも、月ごとの件数によって変わる場合がありますので、会社の規模や月間の取引件数などで判断するのも、一つの目安として良いと思います。

このような換金率の業者はご注意

現金化業者の運用経費イメージ

先程、大手業者ほど換金率が良い理由をお話させて頂きましたが、この心理を逆手に取り、顧客を騙す悪徳業者なども存在します。
「換金率99%保障」などと、超高換金率を挙げているような所が良い例です。

よく考えれば、相手も運営の費用がかかる中で、99%というのはまずあり得ません。
10万円の現金化をするのに、業者の実利が1%のたった1000円なのですから、運営は当然成り立ちません。

急いで現金化したく焦っていると、高い換金率に目が行ってしまいがちですが、手元にお金が残らなければ結局意味がありません。

余りにも高すぎる換金率の業者にはご注意しましょう。

まとめ

現金化業者は、クレジットカードの決済会社とは異なりますので、カードの決済以外の部分で利益が無いと、運営が成り立ちません。オンラインのみで済む店舗とは言えども、この例外はありません。

それゆえ、チケット買取や質屋などと同様、100%の還元率というのはまずあり得ないという事を理解しましょう。

また、99%などの余りにも交換金率を売りにする業者で、期間限定キャンペーンなどの納得出来る事情が無い場合、利用する際は注意が必要です。事前にしっかりと確認しましょう。

現金化にはネットバンクがとにかく便利【基礎知識 ③】

現金化にはネットバンクがとにかく便利

ネットバンク_イメージ

現金化の場合、大抵が即日に必要な額を振り込んでくれるというのが魅力ですが、各銀行の営業時間の関係上、平日の14:30までにはお申込の手続きを済ませなければならない場合がほとんどです。

しかし、ネットバンクを持っている場合だとこの時間に限らず、業者によっては17時位までOKの場合もあります。

また、入出金だけで無く、様々なメリットが沢山ございますので、ネットバンクの利便性を今一度おさらいしましょう。

ネットバンクとは?

ネットバンクの仕組みイラスト

ネットバンクとは、都市銀行・地方銀行などのような店舗を持つ一般的な銀行と異なり、店舗を持たず(一部店舗を持つ銀行もある)インターネットを利用したを介して取引が出来るサービスとなります。

通常の銀行とは違い、通帳などが発行されず、記帳内容の変わりにデータをダウンロードする形となります。

また、入出金なども窓口では無くコンビニなどのATMを使います。

さらに、銀行によっては口座情報が無くても相手の名前とメールアドレスのみで入金出来るという特徴もあります。

ネットバンクのメリット

普段ネットショップなどでお買い物をする方にとってはネットバンクは必須ですので、これをきっかけに通販を試してみたいという方などにもおすすめです。

ネットバンクは、口座によってサービス内容が大きく分かれており、維持費が必要だったり手数料が異なります。

総じて振込み手数料などが安く、振込みも携帯で出来るなど使い勝手が良いのが特徴ですが、場合よっては手数料が都市銀行などの口座よりも高く付くなんて事もございますので、ご注意下さい。

また、ネットバンクは同行同士でしか、時間外受付をしてくれないので、業者が多く取り扱っているネットバンクをおすすめします。

おすすめのネットバンク

おすすめのネットバンク

私の経験上、使いやすいネットバンクを上げておきます。
ネットショップでの買い物などでも使えるので、一枚は作っておいて損は無いです。

※クレジットカード現金化の会社によっては、取り扱いをしていない場合もあるので、事前に確認して下さい。

楽天銀行

CMでも有名な8秒に1人加入しているカード。
楽天モールでも使えるので、ネットバンク知名度は非常に高い。
新規口座開設で6ヶ月間、月5回無料。ハッピープログラム会員なら月最大7回無料になります。

★利用可能ATM

× : 三菱東京UFJ
○ : みずほ
× : 三井住友
○ : E-net
○ : セブン銀行
○ : ゆうちょ

新生銀行

他行宛の振り込み手数料も月1回無料!
新生プラチナまでステップアップすれば、月10回まで無料!

新生銀行ATM、セブン銀行、ゆうちょ銀行、都市銀行、イーネットATM等の提携金融機関でしたら、
無条件で24時間365日いつでも手数料0円で引き出し・預入れ可能!

★利用可能ATM

○ : 三菱東京UFJ
○ : みずほ
○ : 三井住友
○ : E-net
○ : セブン銀行
○ : ゆうちょ

セブン銀行

全国のセブンイレブンで使える上、3万円以上の入出金なら回数無制限で無料!

★利用可能ATM

○ : 三菱東京UFJ
○ : みずほ
○ : 三井住友
× : E-net
○ : セブン銀行
○ : ゆうちょ

入金以外にもネットバンクはメリットが沢山

入出金以外のメリット

ネットバンクは、現金化したお金を振り込むのに便利なのは上記で説明させて頂きましたが、メリットはそれだけではございません。例えば楽天銀行の場合、楽天カードの審査も同時に行えます。

この楽天カードは、新規加入をするだけでポイントが貰えるキャンペーンを行っています。キャンペーンによっては、7000円近くのポイントが貰えたりなど、加入するだけでかなり特になってしまいます。

別の記事でもご説明しますが、現金化の利用をする事で、楽天ポイントが溜まるメリットがあり、楽天モールなどでショッピングやサービスを受ける事も可能です。

また、セブン銀行は、振込で入金を受けた場合や、自動引き落としとして使った場合に、ナナコポイントが溜まるというメリットがあります。
オークションやフリーマーケットアプリみたいな小額のやりとりなどで、入金の回数が多い場合は、このようなポイントが着くのは非常に便利です。

また、最近のサービスとして、海外送金に力を入れております。従来の方法としては、近所の銀行の窓口から手続きを行わないと出来なく、時間も手間もかかる上に営業時間が制限され、不便な部分が目立ちましたが、セブン銀行は24時間ATMから手続きが可能です。

セブン銀行は世界最大規模の200ヶ国・51万ヶ所以上に送金可能である「ウエスタンユニオン」を取扱しており、海外に口座を開設していない場合でも受け取る事が可能となります。

海外で家族が現地通貨を無くしてしまった場合でもすぐに送金が可能ですので、持っておいて損は無いでしょう。

まとめ

ネットバンクは新規で作成する場合はオンラインでの手続きなので、抵抗はあるかもしれませんが、一度作ってしまえさえすれば、入出金が非常に便利で、付随したサービスもメリットがある内容ばかりです。
現金化を利用する場合は、特にメリットが多いので、早い段階で作っておきましょう。

買取方式とキャッシュバック方式の違い【基礎知識 ②】

買取方式とキャッシュバック方式の違い

買取方式とキャッシュバック方式の違い_イメージ

クレジット現金化には、大きく分けて『買取方式』と『キャッシュバック方式』の2種類がございます。
では、この2つはそれぞれどのように違うのでしょうか?

現金化の買取方式って一体何?

買取方式_イメージ

買取方式というのは、利用者がクレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品を業者が買い取るという方式となります。
対してキャッシュバック方式というのは、現金化業者が取り扱う商品を購入し、カード会社から業者に支払われた立て替え金の一部を『ショッピング枠の現金化』という形で支払われる方式です。

※業者がキャッシュバック方式を行うには、現金化業者がクレジットカード会社の加盟店になっているのが条件となります。

購入する商品はどのように違うのか?

買取方式の場合、現金化業者から指定された商品を、他店舗でクレジットカードを使い購入します。指定する商品は、より高額で換金出来る物を選んできますので、ブランド品や家電などが多くみられます。

対してキャッシュバック方式の業者が取り扱う商品は、パワーストーンなどの価値がよく分からない物や、おもちゃの指輪など、価値の無い物がほとんどです。

業者としても、キャッシュバック率をなるべく上げる為に、扱う商品自体はなるべく安価な物を選ぶからです。ただ、中には商品が存在せず、伝票のみを送付するような業者もございます。

このような業者の場合、一見キャッシュバック率が良さそうに見えるのですが、商品を用意しない業者は『悪徳業者』である可能性が高いので、注意しましょう。

現金化の原点は買取方式だった

現金化が世の中に出た初期の頃は、買取方式の業者のみが存在していました。
当時の買取方式の場合、商品を購入してから現金化業者に行くので、

①商品を購入する ⇒ ②現金化業者に行く ⇒ ③現金化業者で商品を売却し、購入者に振り込まれる

という風に、非常に手間のかかる工程と入金までの日数がかかる部分がネックとなり、即日お金が欲しいという方には向いておりません。

インターネットの発展と共に、キャッシュバック方式が出てきたのですが、この方式の場合、店舗まで足を運ばすにオンラインのみで商品の購入から現金の振込みまで全て同一業者で一括で行えるので、手間もかからずタイムラグもありませんので、利用者が増え、それに伴い、買取方式の業者も即日入金という所も出てくるようになりました。

買取屋方式のデメリットについて

買取方式の注意事項

クレジットカード会社の規約では、売却の為に商品購入をされるのは規約で禁止事項にされております。また、一見自分の所有物だと思いがちですが、利用料の引き落としが行われるまでは、商品の所有権は実はクレジットカード会社が保有しているのです。

あまり目立つ行動さえしなければ、この場合でもまず疑いがかけられる事はございませんが、あまり度を過ぎるような高額の買い物をしたり、利用頻度が高いような状況ですと、カード会社の監視対象にされたり、ブラックリストに登録される場合もございますので、買取方式を利用する場合には注意が必要です。

現金化のキャッシュバック方式って一体何?

キャッシュバック方式_イメージ

現金化の『買取方式』は上記で説明しましたが、ではもう一方の『キャッシュバック方式』とはどのような方式なのでしょうか?

クレジットカードを普通に使っているだけではまず聞かない言葉だと思いますし、中にはショッピング枠でのお買い物自体をした事が無いという方も多いと思います。

そのような方にとっては、全く意味が分からない物で、当然イメージが出来ないと思います。そもそもキャッシュバック方式って何なのでしょうか?

キャッシュバック方式ってどんなイメージ?

キャッシュバック方式_図解

皆さんネット通販や家電の量販店などで、商品を購入したりサービスに加入すると『1万円キャッシュバック』などという言葉を一度は聞いた事があると思うのですが、原理としてはこのキャッシュバックと同じ物となります。

この方式の場合、簡潔に言うと「購入額のほぼ大半の割合をキャッシュバックしている」という事なのです。
「10000円分を買い物したら、キャンペーンでお店側から9500円貰った」という解釈だと分かりやすいのではないでしょうか?

またこの際、なぜ元金そのままの10000円が返って来ないのかは、振り込まれる金額は業者の運営費などの手数料等が引かれているからなのです。

キャッシュバック方式のメリット

商品を合意の基で購入し、またきちんと届いているので、普通のネットショップでのお買い物と何ら変わりません。
もちろん違法ではございません。法律に沿った合法なやり方なのです。そのような意味でも、「買取方式」よりも安全な方式と言えます。

また、皆様にも一番嬉しいメリットとして、この方式の業者の大半が「即日・即入金」です。
早い所だと、購入から最短5分程度で振り込みをしてくれるような対応の早い所もございます。
申込完了からすぐに現金が振り込まれるのが分かるのは、非常に安心かつ魅力ですね。

商品を返品しないようにご注意下さい。

商品は受け取りましょう

キャッシュバック方式を利用する際、なるべく高い割合の現金化をする為に、適用する商品には価値が無いものがほとんどです。
これらの商品は、きちんと購入した物なので自宅に配送されるのですが、実際に使っても、捨てても一切問題はございません。

但し、この際に注意しなければならない点が1点ございます。

適当な商品なので記憶に残らないとは思うのですが、覚えの無い商品だからと言って返品をしてしまいますと、キャッシュバックの費用だけ貰い、商品代金は払っていない状態となってしまいます。

この点は業者のサイトにも記載されているとは思いますが、サービスの対象となるのは、商品を購入されたお客様が対象ですので、返品をしてしまいますと購入者側の詐欺行為となり、トラブルの原因となってしまいます。
商品は必ず受け取るようにしましょう。

まとめ

クレジット現金化には、『買取方式』と『キャッシュバック方式』の2種類がございます。
現金化のサービスが出始めた初期と比べ、換金率や手続きの利便性などから、 今ではキャッシュバック方式の利用者が大多数となり、対して買取方式の店舗型がほとんど無くなってしまいました。

業者選びさえ間違わなければ、キャッシュバック方式は非常に利用しやすい物なので、当サイトで業者選びのコツを学びましょう。

クレジットカード現金化って何だろう?【基礎知識 ①】

クレジット現金化の基礎知識

現金化完全マニュアルイメージ画像

このサイトを見る方にとって、クレジット現金化はほとんどの方が未経験な事だと思います。

ドラマにあるような怖い人が出て来るのではないか・・・
いつの間にか大きな借金をかかえてしまうのでは無いか・・・
ニュースとかで逮捕者が出てるけど本当に大丈夫なのか・・・

聞いてみたいけど、周りに相談も出来ない、でも、実は知識があれば現金化は全く怖く無いのです。
こちらを読んでクレジット現金化を使いこなして下さいね。

現金化には使えないカードや口座もあるので注意!

そのカード使える?使えない?

クレジット現金化の際にまず注意して欲しいのは使えるカード・使えないカードがあるという事です。

また、大抵の業者が現金化の際、指定口座に振り込む形を取りますが、その際の口座に関しても、利用の際に注意しなければならない場合がありますので、注意しましょう。

使える・使えないクレジットカードとは?

クレジットカード現金化の業者が指定するカードには、一定の決まりがあります。
現金化がしやすいカードを持っておりませんと、無駄に何店舗も回ってしまい、労力だけがかかってしまいますので、出来るだけ通りやすい口座・カードを用意するようにしましょう。

JCBやAMEXの場合、現金化として使えない場合が多いですので、これからクレジットカードを作る際には、この2つは避けて下さい。

現金化業者が好んで指定するブランドは、圧倒的にVISA・MASTERが多いです。
クレジットカードの中でも加盟店数も他のカードより圧倒的に多く・使いやすさの幅が違うからです。
持っていて損は無いので、クレジットカードを新たに作るのでしたら迷わずこちらを選びましょう。

★ 使いやすいカード
VISA・MASTER

★ 状況により分かれるカード
ダイナースクラブ・DC・NICOS・UFJ

★ 避けるべきカード
JCB・AMEX

使える・使えない口座とは?

クレジット現金化されたお金が利用者に還元される場合、業者から利用者へ振り込まれる場合がほとんどですが、この際に対応している銀行口座は、業者により指定される場合がございます。

いざ、入金前に指定された口座を持っていない!などというトラブルが無いように、事前にしっかりと確認をしておく必要がございます。

また、大手の都市銀行などは問題がございませんが、地方銀行やゆうちょ銀行などでは、手数料が余計にかかってしまったり、業者の入金処理がギリギリの時間帯だと翌日反映になってしまうというケースもありますので、事前に用意出来るのでしたら、都市銀行の口座などを用意しておきましょう。

また、別記事に記載してありますが、ネットバンクですと手数料も安く普段から使いやすいので、作成期間として1週間程度はかかりますが、土日や祝日などでもスピーディーに入金反映し、引き落としも全国コンビニで手数料0円で引きだぜるカードも多いなど、メリットが非常に大きいので、こちらを作っておいても便利です。

現金化の際に購入する商品ってどんな物?

商品のイメージ

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して1現金を手に入れる方法です。
クレジットカード現金化は、ショッピング枠で商品を購入し、その商品を業者に渡す事により現金を受け取るという流れで行います。

お申込もインターネットで出来て、商品を渡す際も送付などでも可能なので、オンラインでお申込から現金受け取りまでが全て可能です。

このように、非常に便利なのが現金化の特徴なのですが、この購入する商品の内容がWeb上で明らかにされていることはほとんどありません。

ですので、一体どのような品物を実際に購入するのだろう?という心配をされる方も少なく無いと思います。

一般的には、パワーストーンなどの価値があいまいな物などが好まれるようですが、この辺は業者により多種多様で、いくつかの商品の中からお好きな物を選べる形になっています。
ただ、共通しているのは、総じて価格に見合うだけの価値が無い物という事になります。

商品受取りの基本は宅配

宅配で荷物が届きます。

商品は宅配で届けられるので、家族にばれるのが心配な方は、営業所で受け取るようにしたり、家族の居ない時間帯を指定しましょう。

受け取り後の商品は必要とあらば取っておいても良いし、不要な場合は捨ててしまっても当然構いません。

商品内容~発送までをざっと説明しましたが、ここまででお客様の行った事は、オンラインで商品を注文し荷物を受け取る。つまりはネットショップで買い物をするのと全く同じ事をしておりますので、法的にも問題無く安心です。

また、荷物は、業者からお客様に入金を行った後に発送されるケースがほとんどですが、心配でしたら確認をしておきましょう。

取り扱い商品は事前にきちんと確認をしよう

実際に購入する商品は、特に質問をしない限り、事前まで分からない場合がほとんどです。
現金化の場合、利用者にとっては購入する商品自体には余り関心が無い物なので、必要の無い情報かもしれませんが、いざ手元に商品が無いという場合、心配になると思います。
取扱い商品がよく分からなくて心配な方は、事前にきちんと確認をしましょう。

★ マメ知識・特定商取引法とは? ★

特定商取引法は、訪問販売・通信販売などの消費者トラブルを生じやすい特定の取引類型を対象に、
事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めた法律で、
消費者に対して取引の公正を確保する目的の為作成された物です。
普段良くニュースなどでも聞くクーリングオフも、この取引法の中に定められています。

まとめ

クレジットカードや口座には、使える物と使えない物が存在します。
使いにくいカードの場合、利用できる業者を探すのに手間がかかったり、振込みにくい口座を持っているといざ振込みの際に時間がかかったり手数料が余計に取られてしまうなど、不便な点が多く発生してしまいますので、使いやすいカードや口座は持っておくと良いでしょう。

購入する商品に関しては、利用者にとっては関心の無い物かもしれませんが、心配でしたら事前にきちんと確認をする事が大事です。

ページ上部に戻る